« 本番2日前です~♪ | トップページ | コンサート、懺悔編 »

2006/08/28

無事に終わりました

おかげさまでコンサートが無事に終わりました。

ご来場くださった皆さまからの温かいお言葉と、出演したかつての教え子等の熱演に支えられて、とても素敵な30周年の記念コンサートになりました。

コンサート冒頭のご挨拶でもお話したのですが、30年前(歳がばれる・・・あ、もうばれてるか(^^;;))近所の方から「ピアノを教えて欲しい」と言われ、先生に相談したところ「きみ自身の勉強にもなるからやってみたら?」とお許しが出て、初めて「先生」と呼ばれたのが19歳の時でした。もちろんまだ学生でしたから、平日は東京で勉強し週末に実家へ帰って教える、という生活が始まりました。・・・・たった一人の生徒さんが半年後には8人に増え、1年後には初めての発表会。以来30年間、結婚して転々と居が変わっても「金曜と土曜は日立」の生活が続いています。

この間には、親の介護や更年期など、辛い時期があったことはあったのですが、大好きな音楽を続けてこれたこと、大好きなピアノを続けてこれたこと、そして、そんな中でも優秀な生徒がたくさん育ったこと・・・・これは私にとって何よりも価値のある大きな財産であり、喜びです。

昨年の今ごろは考えてもいなかった「30周年記念コンサート」。たまたまかつての教え子等と昨年秋にランチした時(これも全く突然の話で!)「教室の同窓会みたいなコンサートやろうよ」って話になって、それから準備が始まって・・・ふと数えてみたら「30周年だった」。これはもう何か見えない力が働いてそうなったようにしか私には思えません。

普段は忙しくて「土曜日はぜったいダメ!」というMAKIが出演してくれることになったのは、今年の4月になってからの話。MAKIという存在は、私にとっては特別で、、もし彼と出会っていなかったら、私の音楽人生は全然別のものになっていた、、というくらい、大きな影響を受けた人。

立派に育った教え子等と、音楽の上では最も大切な友人であるMAKIと、これまで私を支えてくれた多くの人たちに囲まれて、私ってなんて幸せな音楽人生を歩んでいるのだろう・・・と、心からそう思った一日でした。

そして・・・・
私が何の迷いもなくこの道を歩いてこれたのは、今はもう何もわからなくなってしまった母のお蔭。コンサート会場に母の姿はなかったけれど(施設側からは連れて行きたい、、と連絡があったのですが、私自身の精神状態と、周りの皆さんへのご迷惑を考えて辞退させて頂きました。でも、施設の方のお心配り、涙が出るほど嬉しかったです。)会場に母は居なくても、私のピアノの音は母の元へ届いたと思います。

素敵な素敵な時間をありがとうございました。すべての方に感謝します・・・。

200608262_2 200608261_3

|

« 本番2日前です~♪ | トップページ | コンサート、懺悔編 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 本番2日前です~♪ | トップページ | コンサート、懺悔編 »