« 無事に終わりました | トップページ | 宿題の残り »

2006/08/28

コンサート、懺悔編

さて、懺悔編・・・・

今回のコンサート「30周年」を意識するあまり、久々に極限状態の緊張感を味わいました(^^;;;) 

3日前ぐらいから頭が働かなくなって、練習スタジオに忘れ物はする、演奏中につまらないミスを繰り返す・・・・

本番前夜のステージリハーサルでは完全に頭が使えなくなって、楽譜は見てるけど何故か読めなかったり、パートナーの音は聞こえてるけど、なぜか合わせられなかったり、拍のカウントがわからない、音の出がわからない・・・・と、惨憺たる状況でした。あれほど調子良い仕上がりだったラフマニノフでその状態。Myoに「せんせい~、もっとここ聞いてもらえると良いんだけど~」って言われて、それはわかってるんだけど、、、って、情けなくなったり(;_;) 

リハ後に帰宅してからも、とにかく不安。生徒の前では務めて「平気」を装っていても、内心は「明日、わたし持つのかぁ???」って不安。一人じゃどうしようもなくなって、思わずMAKIにメールした。いつもは私のメールになんか反応しない彼、わかっているんだけど、とにかく誰かに「不安だ~、どうしよう~」って言いたかったわけ。そしたら、すぐに携帯が鳴って「どうしたの?」って。カクカクシカジカと話すと「KEIは、自分がお山の大将だと思っているから、そうなんじゃないの?」と、痛いところをつかれた。確かに「私は先生、しっかりやらなくちゃ!!」って必要以上に自分自身へプレッシャーをかけていた。でもね、、今更、そうだからって急に気持ちの切り替えはできないよ・・・。

かくして翌日も、その緊張状態は続き、午前中のリハもイマイチ。バイオリンとの合わせは、もう自信のなさが音に出てるな、、って自分でも感じるほど。それでも、容赦なく本番は近づいてくるわけで・・・。

そうこうしているうちに本番のベルがなり、最初のご挨拶のためにステージへ。ご挨拶とは言っても、何を喋るかなんて考えていない。もちろん原稿なんてあるはずもなく、その場の雰囲気でコメントしちゃう私なんだけど、この辺が私の可笑しなところで、ステージで一度喋ると落ち着くんですね(^_^)  この冒頭の挨拶で、す~っと気持ちが楽になった。

1曲目のラフマニノフは、小さな傷はあったものの全体的には会心の出来、、、と言っても良いくらい。会場で聴かれた方は、演奏終了直後の私たち二人の表情(満面の笑みだったと思う(^0^))からお分かりになったと思います。でも、これに気を良くしたのがいけなかった・・・

最後のチャイコフスキーでは、とんでもないことをやらかしてしまいました(T_T) 以下懺悔・・・

本番のステージで、いつもは何も言わないMAKIがやたら「落ちついて行きましょう」って声をかけてくる。MAKIの目には、もうすでに「こいつ何かやらかすぞ(-"-)」って映っていたのか、とにかく1曲ごとにピアノに近づいて「落ち着いて」って言う。1曲目は、ほぼ練習通り上手く行った、、と思う。でも、もしかしたらここで私はいっぱいいっぱいになっていたのかもしれない。

2曲目はテンポの速いスケルツォ、練習の時も何度か崩壊の危機が見えた曲。私が走ったらオワリ(>_<)。最初のピアノでテンポ設定を誤ったら、私、落ちるかも?って、思いっきり気持ちを集中して弾き始めたとたん、バイオリンが2小節早く入ってきた。「うっそ~」っと思いつつ、必死で時間を2小節分早回ししてかろうじて乗り切ったのは良いけれど、そのあと気持ちを落ち着かせることができなくて、中間部は(ゆったりのテンポになったにも関わらず)気持ちが焦るし、そのあと最初のテンポに戻すときに完全にテンポ設定を誤って、暴走状態。さらに、2小節まるまるパウゼのあとを1拍早く飛び出して・・・・・

スケルツォのようなテンポの速い曲で、しかもバイオリンが無窮動で動いているときに、ピアノがこれをやったら致命的です。最後の32小節間は完全に音楽が崩壊してしまって終わりました(;_ ;)  ピアノがとんでもないことをやらかしているのに、あれじゃバイオリンが間違ったように聴こえてしまう・・・・。それよりも何よりも、忙しい時間を割いて曲を仕上げてくれたMAKIに、気持ち良く弾かせてあげることができなかった(T_T)。ホントに、申し訳ない 。ごめんなさい。。m(_ _)m >MAKI  それから、、ご来場の皆さまには、お聴き苦しい演奏になってしまったこと、心からお詫びいたします。

ラフマニノフの出来、チャイコの1曲目と3曲目は良かっただけに、大きな悔いが残ってしまいました。ああ、、なんであそこで飛び出しちゃったんだろう・・・・涙、涙、、です。大好きな曲だったのになぁ・・・・・・

|

« 無事に終わりました | トップページ | 宿題の残り »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 無事に終わりました | トップページ | 宿題の残り »