« クライスラーのヴァイオリン | トップページ | バイオリンとの合わせOK~♪ »

2006/09/24

アマデウスを聴こう!

秋休み最終日の今日は「サンパール荒川」へ、“アマデウスを聴こう!”というコンサートに行って来ました。たまたま招待券が2枚手に入ったので、中学生のTukuちゃんを誘って、二人で行きました。

コンサートは、アマデウスに扮した噺家の柳家花緑氏の軽妙な語り口で、荻谷由喜子さん(音楽評論家)脚本の「アマデウス物語」にそったお話と、主要作品の美味しいところ取りの演奏で進められました。演奏の良し悪しは別として、これはなかなか楽しめました。

日頃クラシックには縁遠いお年寄りや、クラシックのコンサートは初めてというチビッコたちにはピッタリの企画で、いろんな意味で勉強になりました。今日演奏された曲は全て、全曲の中の一部でしかありません。例えば、「フィガロの結婚」からは、“フィガロのアリア”と“ケルビーノのカンツォーネ”とか、「魔笛」だったら“夜の女王のアリア”と“パパゲーノとパミーナの二重唱”と“パ・パ・パ”とか、40番の交響曲の第1楽章だけとか、20番のピアコンの第1楽章だけとか、21番の第2楽章だけとか・・・・。でも、今日その一部だけを聴いた子供たちが、今度は全曲聴いてみたい!と興味を持てば、それだけでこの種のコンサートが価値あるものになるのだと思います。

初めての人たちに、何か素敵な切っ掛けをあげられるようなコンサート。。じつは私が今一番興味あることなんです。秋休みの最終日、行って良かったと思えるコンサートでした。

↓開場直後の写真です。開演までに、客席はほぼ満員になりました。

Arakawa     

|

« クライスラーのヴァイオリン | トップページ | バイオリンとの合わせOK~♪ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« クライスラーのヴァイオリン | トップページ | バイオリンとの合わせOK~♪ »