« 療法的音楽活動 in 特養ホーム | トップページ | Akiちゃんのこと »

2006/10/23

バロック・ダンス

今期2回目のバロック・ダンスのレッスンでした。

今日は、主に手の動きについて。

腕を大きく動かす時の肩甲骨の意識、肩甲骨から腕、腕から肘、肘から手首、その延長上にある指先まで、一連の動きがひとつの軌跡になるように大きな8の字を描く。これがやっていると、だんだんわけわからなくなってしまうんです(>_<)

おまけに、この手の動きにステップがつくわけで、、、メヌエットのステップは、2小節でワンセット。つまり、6拍子です。今期勉強する18世紀後半のメヌエットは、最初の1小節分がエルヴェ(身体が高く伸びた状態)で、続く2小節目がパ・ド・ブレになり、今まで勉強してきた17世紀のメヌエットより優雅な感じになります。

ところが・・・

何度やっても私は、手の動きが逆になる・・・らしい(^^;;)。最初の1~2回は合っている(と思う)のだけど、なぜか途中から逆になる・・らしい(^^;;)。何度も、先生に「反対です」と注意されて、その都度先生の動きに合わせて修正するのだけど、またすぐに「ほら、反対になった」と言われる(^^;;)。本人に自覚がないから、どこでどうなってしまってそうなるのか、さっぱりわからない。。。と言うより、どうして反対なのかがわからない(>_<)。

拍の感じ方とか、音楽の乗り方とか、フレーズの捉え方とか、音楽の根本的な部分を身体が感じないで、ただ手とステップの動きだけをやろうとしているのだろうと思う。自分じゃ、ちゃんと感じてるつもりでも、きっとどこかで感じ方が違っているんだろうな・・・。

来週までに自主練してクリアしておかないと、マズイです。来週は、いよいよ舞踏譜による振り付けに入るらしい・・・(うう、、困ったぞー)

|

« 療法的音楽活動 in 特養ホーム | トップページ | Akiちゃんのこと »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 療法的音楽活動 in 特養ホーム | トップページ | Akiちゃんのこと »