« じゅわっと円谷劇団 | トップページ | レッスンルームより »

2006/10/10

日本ピアノ・コンクール本選(全国大会)終了

先週金曜日の大型台風のような低気圧の中、恐怖の高速バス(強風のため時速規制が出てるのに定刻に目的地へ到着)を利用して音楽療法と日立教室のレッスンを無事に終え、翌日はダイヤが目茶目茶に乱れたJR常磐線を利用してなんとか帰宅。帰宅後すぐに美園教室のレッスンも無事に役目を果たし、、心身ともに疲れ果てた中、日曜日は朝6時起きで「第30回日本ピアノ・コンクール」A群の審査に行ってきました。

今年春に事務局の急な交代があり、これまで長年にわたりこのコンクールの顔と言っても過言ではないY先生の明るいお声が聞こえない淋しい審査員控え室。審査員の顔ぶれもずいぶん若い先生が目立ち、思わず毎年お会いする先生がたのお顔を探してしまった私。・・・否応なしに世代交代の風を感じました。私より年上の先生がどんどん少なくなっていく。。。

さて、来年から『ジャパン・ピアノコンクール』として生まれ変わる最後の「日本ピアノ・コンクール」の本選会。これからどうなっていくのか皆目見当がつきませんが、将来的には「国際コンクール」になるのでは、、というかなり有力な情報もあり、事務サイドは今後そのような方向性で運営されていくのでしょうか??

今年、本選に出場した我が生徒は2名。

Tukushi_1 中級1の部に参加したTukuちゃんは、昨年に続き2度目の本選会。昨年ノーミスながら速度オーバーの暴走で悔し涙を流してから一年。あれからちっとも成長しておりませんでした(^^;;)。レッスンの時は、細部にまで行き届いた良い演奏ができるのに、なぜか本番になると大雑把。テンポに乗ってただ弾くだけで終わってしまいます。音楽の「間」も「呼吸」もなく、前へ進むだけ。審査員席で、思わず出てしまったため息(^^;;)。良い時の6割の出来で101人中の8位入賞。本当は、もっと上を目指せる子なので、私としてはちょっと不本意な結果ではありますが・・・・・

でも、頑張ったんだよね!(^_^) おめでとう~♪Tukuちゃん!

上級1の部に参加したRkaちゃんは、3度目の本選会。過去2回は惜しいところでトロフィーに手が届かず、3度目の挑戦。今年の課題曲は、シューマンのノベレッテン。Rkaちゃんにとっては初めてのシューマン。練習に入ったのが8月始め、日立教室は私の休講が重なってただでさえ少ないレッスン回数で、弾き難い曲をどこまで仕上げられるかが心配でしたが、持ち前の粘り強さで最後は良い感じに仕上げてくれました。ただ、この曲は指の弱いRkaちゃん向きではありません。どうしても最初の1ページ(第1主題)の馬力が出せない。第2主題、第3主題は本当に美しく歌えるのだけど、コンクールは平均して弾けてないと点数が貰えないんですね。Rkaちゃんも、Tukuちゃんと同じ8位入賞だったのですが、残念ながら2点たりなくて、今年もトロフィーに届きませんでした。

コンクールは時の運もあります。いつも書いていますが、大切なのは結果ではなく、コンクールに参加したことで何を学ぶことができたか、、です。Tukuちゃんも、Rkaちゃんも、今回の結果に囚われず、また純粋な気持ちでピアノを弾いていってほしいと思います。

ふたりとも、お疲れ様!結果はどうあれ、楽しかったよね~☆

|

« じゅわっと円谷劇団 | トップページ | レッスンルームより »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« じゅわっと円谷劇団 | トップページ | レッスンルームより »