« ピティナ・ピアノステップ(日立)終わりました | トップページ | ホームページのリニューアル作業中です »

2009/02/16

もっと勉強しておけばよかった・・・・

一昨年の6月から、ヴァイオリニストの友人と一緒に、赤羽にある「東京北社会保険病院」の内科病棟で、毎月最終の木曜日に『午後の病棟コンサート』を行っています。今月は18回目のコンサート。

プログラムは、皆さんがどこかで聞いたことのあるであろう有名な曲(作曲家で言えばクライスラーとか、サラサーテとか・・・。曲名で言えば《愛の喜び》《愛の悲しみ》《チゴイネルワイゼン》《タイスの瞑想曲》《チャールダッシュ》・・・などなど)を中心にして、その季節に合った童謡や唱歌をヴァイオリンとピアノの用にアレンジした曲などを使って、入院中の患者さんや付き添い、お見舞いの家族さまに楽しんで頂いています。

クラシックの曲は良いとして、皆さんになじみの深い唱歌のアレンジものは出版社から楽譜が出ていないものが多く、昨年までは楽譜が手に入るもの限定で演奏していたのですが、2年目、3年目の季節になると「同じ曲」を弾くことが多く、聞いてくださる皆さんにとっては「はじめて」なのですが、演奏しているわれわれにしてみれば「またこれか」という感じ。例えば春ならば、もっとこんな曲もあんな曲もあるのに・・と。

そんなわけで、ついに「自分でアレンジする」ことにしたのですが・・・・・

アレンジというのは、ピアノを弾く能力とは全く別個に、様々な知識が必要なわけで・・「和声」「対位法」「アナリーゼ」「作曲法」「即興演奏」学生時代に苦手だったものばかり。課題を提出するための勉強しかしていなかった私は、課題を提出したらもうすっかり忘却の彼方という状態で・・・つまり、ぜんぜん身についていなかったのですね。。

で、今になってそのつけが回ってきて・・・アイデアは出るのですが、なかなか思うように曲にすることができませんweep

あああああ、、、あのとき「作曲家になるわけじゃないも~ん」なんてこと言ってないで、もうちょっと真面目に勉強しておけば良かった。。と、今頃後悔しても遅いのです。

|

« ピティナ・ピアノステップ(日立)終わりました | トップページ | ホームページのリニューアル作業中です »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ピティナ・ピアノステップ(日立)終わりました | トップページ | ホームページのリニューアル作業中です »